消費エネルギーを限りなくゼロに・・・

くまけんの
自然共生型・ゼロエネ住宅

日々の暮らしで使うエネルギーを太陽光発電等で送電し、補うことでプラスマイナスゼロにするのがZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス) くまだ建工社が考えるゼロエネ住宅は四季を感じ採光・通風を上手く取り入れ、自然の心地良さに触れながら暮す自然共生スタイルなのです。

グリーンエネルギーでエコに暮らしたい人へ。

    • 家庭で
      使う
      エネルギー

-(

    • 住宅の
      省エネ

    • 創る
      エネルギー

ゼロ・エネルギー住宅

高い断熱性や住宅設備機器の省エネ性により、消費するエネルギーを減らし、消費した量と同量以上のエネルギーを太陽光発電システムでつくり出し、あまった電気はしっかり貯めるのがゼロ・エネルギー住宅。これからの住まいづくりのゴールともいわれ、2030年には一般的な新築住宅をゼロ・エネルギー住宅にすることが目標とされています。

Passive+ZEHの家 DEBUT!!

ZEH+パッシブデザインのベストミックス。

夏も冬ものびのび!室温のバリアフリー。
快適で家計に優しい、くまけんの自然共生型ゼロエネ住宅。
  • ZEH仕様
  • 太陽光発電で創エネ、調湿する自然素材の”セルロースファイバー“。
    高性能ハイブリッド窓で省エネ。エネルギー収支を限りなくゼロへ近づけるZEH仕様
  • パッシブ
    デザイン
  • 四季を通じて自然のチカラを活用し、光と風をコントロールする自然共生型の省エネ設計パッシブデザイン

  • 1

    通気基礎工法「コラムベース」

    昔ながらの束石工法の良さを取り入れ、通気性能の向上を図り、木材が乾燥により強度がまし、白アリの発生を防ぐ。

  • 2

    「床下エアコン冷暖房設備」

    暖かい空気は上昇し、冷たい空気は下降する自然の原理を活用した省エネ冷暖房システム。

  • 3

    呼吸する断熱材「セルロースファイバー」

    新聞紙からリサイクル生産され、健康的な住環境を実現する自然素材の断熱・調温・防音材。

  • 4

    兵庫県産木材「木の家」

    構造材はもちろん、天井や床の内装にも杉の無垢材をふんだんに使用した”地産地消”に取り組む家づくり。

この住宅は、ZEH基準をクリアし、 「エネルギー削減率(BEI)50%」 という高い省エネ性能を持つ住宅です。
“最高等級☆5”
昨年より建築物省エネ法に基づく省エネ性能表示制度がスタートしました。この制度で使用される第三者認証ラベル「BELS」によって、建物の省エネルギー性能が☆の数で5段階にランク分けされます。