地震に強い工法

耐震

GVA

震度7暮らすの巨大地震を想定
建物の揺れを1/2に軽減
繰り返し余震にも効果を発揮

阪神・淡路大震災クラスの大地震を想定して開発しました。
超高層ビルの振動制御技術を応用し、建物の揺れを効果的に吸収します。

「耐震」では壊れることでしか地震のエネルギーを吸収出来ません。
ジーバ<GVA>なら積極的に地震エネルギーを吸収

耐震建物が受ける地震エネルギーが大きくなるにつれ、「耐震」では大きく損傷しながら対応するようになります。このようなときに、地震エネルギーを熱エネルギーに変換して吸収し、建物への負担を軽減できるのがジーバ<GVA>の制震効果です。
建物が揺れだすと、その振動をジーバユニットがキャッチし、その可動部分が水平スライドします。このとき、地震エネルギー吸収体が弾力的に伸縮して、7~8℃の熱を放出しながら建物の揺れにブレーキをかけます。

地震エネルギー吸収体

住住友スリーエム製の地震エネルギー吸収体を採用。アクリル樹脂製で「粘弾性体」と呼ばれる特殊素材です。世界中で約40年の実績を持ち、超高層ビルの寿命を共にするほどの高耐久性で、健康に害を及ぼす物質を一切含まない素材です。

固定金物

耐震

一般的な技術。
「地震の力」に「建物の力」で耐えようとするので、受ける衝撃は大きくなる。
余震のたびに破壊が進行し、倒壊する場合もある。
大地震後は、復旧工事をしなければ危険。

免震装置

免震

建物の土台と基礎の間にボールなどをはさみ、地震の揺れを直接建物に伝えない技術。
設置するためにはさまざまな制約がある。
コストも非常に高く、定期点検が必要。

エネルギー吸収システム

制震

エネルギー吸収システムが、地震の破壊エネルギーを建物に無害な熱エネルギーに変換して消費する技術。
地震エネルギーの半分以上を吸収し、連続する地震でも損傷を最小限に抑え、大地震五も軽微な補修だけで住み続けられます。ローコスト。メンテナンスフリー。