工法・素材へのこだわり

和の伝統技術、通気性、 耐震性に優れた在来軸組工法

工法へのこだわり

在来軸組工法とは、日本の伝統的な建築工法のひとつで、別名在来工法とも呼ばれます。
在来軸組工法は、 2×4工法(ツーバイフォー)のように壁や床(面材)で支える構造ではなく、柱と梁(すなわち線)で支える構造です。
基礎の上に木材を敷きつめ土台とし、柱を立て、梁をかける事で家の重量を支えます。
ですので、壁の配置に制約が少なく、大きな開口部をつくることができ、通風や採光に優れた間取りを自由にアレンジすることができます。
また、増改築が容易で、間取りによって予算も柔軟に調整できます。
防火対策、耐震設計、湿気対策、高断熱性能、シックハウス対策等、住む人にだけではなく、その土地の風土に合わせて施工できる優れた工法です。
元来は木材にミゾを刻んでかみ合わせる職人技が必要な工法でしたが、最近はあらかじめ工場で材木をカットしたり、木材の接合部に金物を用いるなど、合理化され耐久性も強化されています。

素材へのこだわり

断熱材にはコストや施工の面からグラスウールに代表される「鉱物系」や硬質ウレタンフォームなどの人体に影響のある「化学物質系」の物が多くつかわれています。
当社がご提案する素材は体に優しい自然素材での家づくりです。