(旧)エアサイクル

省エネ・健康住宅 エアサイクル太陽と風を利用した健康住宅「エアサイクルの家」日本の気候は、四季がはっきりしていて、しかも夏と冬の温度差がとても大きいことです。さらに、長い梅雨を加えて、「日本には五季」があると言われています。つまり、日本の住まいには、夏の暑さや冬の寒さをさえぎり、長くじめじめとした日が続く梅雨時でも、快適に過ごせることが求められています。これほど多様な機能を住まいに求める国は、世界にあまり例がなく、それが日本の住まいづくりの難しさにつながっています。
<エアサイクルの家>は、小屋裏換気口、床下換気口を開閉することにより、季節に合わせて住まいを「夏型」・「冬型」に切替えることができます。

エアサイクル5つの特徴

冬

“冬”あたたかさが包み込む。
冬のパッシブヒーティング。

冬は積極的に太陽熱をとり入れ、空気の道を通って、日の当たらない北側の部屋や床下にも暖かさを運びます。暖かさは床下や壁・天井に蓄えられ、夜間に家の温度が下がると放熱されます。
「エアサイクルの家」は空気の層に囲まれています。各部屋の天井や壁も床も空気の通り道と接していて、そこを空気が流れるように設計・施工されています。冬は太陽熱によって暖かくなった空気が流れます。集熱→蓄熱→放熱をくり返し暖かな快適居住空間を実現します。(冬の間、小屋裏換気口と床下換気口のエアサイクラーは閉じています。)

夏

“夏”涼しさがかけめぐる。
夏のパッシブクーリング。

夏は涼しい風が空気の通り道を通って、涼しさを家の隅々まで届けてくれます。特に夜間の冷気は床下や壁・天井に蓄えられ、日中・家の温度が上がると放熱されます。
夏はエアサイクラー(小屋裏換気口と床下換気口)を開き、空気層に涼しい風を採り入れます。日射による熱は家にこもらないよう、ただちに排出されます。特に夜の涼しい風は重要であり、集冷→蓄冷→放出をくり返しながら夏の快適居住空間を実現します。

健康

自然と親しみながら、その恩恵を享受する知恵を活かした家づくり。
太陽エネルギーで温度と湿度をコントロールするパッシブデザイン

結露やカビ、ダニの発生する部屋には、埃と一緒にカビの胞子やダニの死骸、糞などが舞っており、おれらを吸い込むことによりアレルギー性小児ぜんそくなどが引き起こされることがあります。
「エアサイクルの家」では、動く空気で湿気を拡散させ壁内結露を防ぎ、カビやダニを発生しにくくし、アレルギーに弱いお子様も安心して暮らせます。

快適

家族みんなが健康・快適・安心して暮らせる、人と家にやさしい家づくり。
家中どこでも温度差の小さいヒートバリアフリーのユニバーサルデザイン

家の中に温度差があると、暖かい部屋から寒い部屋へ移動したときに血圧が上がったり、脳卒中を起こしたり、健康な人でも風邪をひくことがあります。赤ちゃんやお年寄り、冷え性の方には、温度差は相当身体にこたえるもの。
「エアサイクルの家」は、太陽の当る部屋や廊下の温かさを冷たい側へ、日中の温かさを夜間にまわし、温度差の少ない快適な住まいをつくります。

省エネ

住みながら省資源・省エネに貢献できる環境配慮の家づくり。
ライフサイクルコストの削減をテーマとするサスティナブルデザイン

「エアサイクルの家」は太陽熱は風などの自然の恵みを利用して寒さ暑さを和らげるため、暖冷房の負担が少なくてすみます。ランニングコストを抑えるとともに、エネルギー消費を削減して環境保全にも貢献できるのです。

長寿命

構造躯体と、内外装・設備を分けて考え、長く住み続ける家づくり。
三世代が住み続けられるスケルトンデザイン

日本は梅雨や台風などで雨が多く、常に湿気にさらされるため、住まいを支える木材にとっては厳しい環境だといえます。木を湿気から守るには、動く空気に触れて乾燥させることが大切です。
「エアサイクルの家」では、空気が循環しているため柱や土台を乾燥したまま保つことができ、住まいの長寿命化を実現し、環境に配慮すべく省資源化に貢献します。

伝統

地域の気候や風土に合った、街並みにも調和するこだわりの家づくり。
本物の自然素材をふんだんに使って伝統回帰を目指すスタンダードデザイン